テラハウス購入デメリット

テラハウスといえば昨年10月にスタートした人気テレビドラマ?

男女6人が同じ屋根の下のシェアハウスに住み。生活をともに

する。ところで、このテラハウス。一体どんな意味なの?



って素朴な疑問もある方も多いはず!ドラマのタイトルがテラハウス

だからじゃないの?なんておっしゃる方もいるかもしれませんね。

ここで、ちょっと豆知識。テラハウス(terraced house)は

簡単に言うと、普通戸建てって一つひとつ皆さんがご存知の家ですが、

それが、つながったものと考えていただけたらわかりやすいと思います。

ちなみにこれ↓

1
(ウィキメディアさんから)

このように壁を挟んで家がつながっております。これが、テラハウスなんですね!

さて、このテラハウス。関西ではとても多くありますが、実は僕もすんだことがあるんです。

外国はさておき日本の場合、壁を隔ててお隣さんの住居があるのですが、だいたい押入れを

挟んでる場合が多い。そうするとデメリットとして、壁が薄いから夫婦げんかした時におとなりさん

に聞こえることがあります。そもそも、防音対策がされていてもやはり聞こえる日本の住宅事情。

はっきり言って、プライバシー的にどうなのかな?って僕は思います。たまにお隣さんの音楽も

聞こえてくるしね!っていうことでやはりその辺に神経質な方はおすすめしません。

あわせて読みたい関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です